貯金

老後資金を蓄えよう!誰でもわかる個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の始め方

当ブログでは以前、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)について、▼下の記事で解説しました。

関連記事 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)って何?メリット・デメリットを簡単に解説

シロヤギ
シロヤギ
iDeCoはざっくりいうと、自分で運用したお金を年金として受け取ろう!って感じだね
クロヤギ
クロヤギ
ついでにiDeCoでお金を運用すると、支払う税金が減るからお得で良いね!って感じだな

今回は、iDeCoの始め方を誰でもわかるように解説していきたいと思います!

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の始め方

老後資金を蓄えるためにiDeCo(イデコ)を始めよう!と思ったら、やることはまずiDeCo(イデコ)の口座開設すること。

iDeCo(イデコ)の口座を開設する流れをまとめると、

  1. iDeCoの口座を作る金融機関を選ぶ
  2. 選んだ金融機関に口座開設を申し込む

という感じになります。

シロヤギ
シロヤギ
それでは流れに沿って、詳しくチェックしていこう!

1.個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の口座を開設する金融機関を選択

どの金融機関でiDeCo(イデコ)の口座を開設するかは、自分で決めることができます。

iDeCo(イデコ)の口座を開設する金融機関を選ぶときのポイントは、大きく分けて2つ。

  1. 口座管理手数料が無料
  2. 運用商品のラインナップ

口座管理手数料が無料

iDeCo(イデコ)では、国が徴収する月167円(国民年金基金連合会と信託銀行に支払う手数料)は絶対支払わなければなりません。

が、それ以外の手数料は・・・できることなら払いたくありませんよね。

口座管理手数料は金融機関によってバラバラです。無料のところから月数百円かかるところも。

継続的に出ていく費用は、長期間の運用では最終的に大きな差になります。

クロヤギ
クロヤギ
月100円の差が、10年経つと1万2千円、30年経つと3万6千円になるな

というわけで、せっかく口座管理手数料が無料の金融機関があるのですから、口座管理手数料が無料の金融機関で口座を開設したいですね。

口座管理手数料が無料の金融機関(一例)

運用商品のラインナップ

iDeCo(イデコ)では、自分でお金を運用する必要があるので、自分の希望する運用商品が口座を開設予定の金融機関にあるのか、チェックしておく必要があります。

とはいえ、

クロヤギ
クロヤギ
投資初心者で何が何だかよく分からないぜ!

という場合は、元本保証型の商品なんかもあったりするので、そういった商品がある金融機関を選ぶと手堅いかもしれません。

シロヤギ
シロヤギ
運用商品について細かいことが分からなかったら、とりあえず口座管理手数料が無料の金融機関を探そう!

松井証券

2.選択した金融機関に口座開設を申し込む

1.で選んだ金融機関に口座開設を申し込みます。

口座の開設方法は、だいたいの場合、2通り。

口座の開設パターン
  1. Web上で申し込む
  2. 郵送で申し込む

Web上でちゃちゃっと済ませてしまうのが楽です。

Wed上なら、必要書類も画像データのアップロードで済み、口座の開設も早いです。

クロヤギ
クロヤギ
インターネットで全部やるのは何となく不安だから、紙でやりたいぞ
シロヤギ
シロヤギ
そんな場合は郵送を選択すれば大丈夫だよ!

 

あとは、手続き完了の通知が来るのを待つだけです。

手続きが完了したら、いよいよiDeCo(イデコ)での資金運用がスタートです!

まとめ:老後資金を蓄えるために個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めるには、専用の口座を開設しよう!

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めるためには、まず専用の口座を開設しましょう。

そのためのステップをまとめると、▼以下のようになります。

iDeCo口座開設のためのステップ
  1. iDeCoの口座を作る金融機関を選ぶ
  2. 選んだ金融機関で口座開設の申し込み

口座を作ること自体はそんなに難しいことではないですね。

iDeCo(イデコ)で資金を蓄えて、老後に備えましょう!

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)って何?メリット・デメリットを簡単に解説どうやら節税になるらしい、と噂のiDeCo(イデコ)。 しかし、名前を聞いたことはあっても、iDeCoが一体何なのか?何で節税にな...
個人型確定拠出年金と企業型確定拠出年金の違いは?わかりやすく説明!この記事では、個人型確定拠出年金(iDeCo)と企業型確定拠出年金(企業型DC)の違いについて説明します! 今働いている世代は、年...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です