貯金

【NISA】恒久化断念も制度を見直し存続。2024年からどんな制度になる?

最近、老後の資産形成などで話題になっている、少額投資非課税制度「NISA」

「NISA」は、実は元々期間限定の制度で、2023年末までの予定でした。

金融関係の各方面から、制度の恒久化、つまりNISAの制度を期限なしでずっと続けていくことを求められていましたが、政府は制度の恒久化を見送る方針を固めていました。

が。

どうやら2024年以降も「NISA」は続く方向に進んでいるようです。

2024年以降、「NISA」はどうなっていくのか?現時点で分かっている情報をまとめました!

そもそも「NISA」って何だっけ?

本題に入る前に、一応現行NISAの制度についておさらいしておきましょう。

シロヤギ
シロヤギ
NISAのことについてよくご存じの方は読み飛ばしてね!

「NISA」(「一般NISA」ともいう)は、最大5年間、年120万円まで、株や投資信託などを非課税で運用できる制度です。

「NISA(ニーサ)って何?投資初心者が始めやすい理由とは」で、現行NISAの制度について詳しく説明しています。

NISA(ニーサ)って何?投資初心者が始めやすい理由とは老後資金や年金、資産形成についてについて、世間では話題というか騒ぎになってますね。 とにかく、人のことは信用せずに、自分でしっかり...

2024年以降の「NISA」新制度

2024年以降は、「最大5年間・年120万円」の枠組みは変えずに、投資商品を限定した「積み立て型」を新設する方向。

「積み立て型」がどういう風になっていくかは、今後議論していくようです。

シロヤギ
シロヤギ
でも、今までのNISAの使い方(従来型)も残るみたいだよ

「つみたてNISA」と「NISA」はくっつくの?

「NISA」のお友達のような制度で、「つみたてNISA」というものがあります。

クロヤギ
クロヤギ
新設される「NISAの積み立て型」と「つみたてNISA」って同じ・・・?

「NISA」に積み立て型が新設されても、「つみたてNISA」とくっつくわけではないようです。

まだ「NISA」の制度自体が今後どのようになっていくのか確定したわけじゃないので何とも言えませんが、「NISAの積み立て型」と「つみたてNISA」の棲み分けをどうしていくのか、今後着目していきたいポイントです。

まとめ:2024年以降、「NISA」は制度を変えて存続する方向

2019年11月現在、2024年以降も「NISA」は「積み立て型」という新制度を加えて存続していく方向となっています。

新たな制度が次から次へと出てきて、訳が分からなくなりそうですが、自分が損をせず得するように、いろんな制度を上手く使っていきましょう!

 

\NISAを始めるなら口座開設数No.1のSBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です