年収600万円台家庭の家計

家計簿をつけるなら、パソコン?スマホ?それとも手書き?

私は現在手書きで家計簿をつけています。

その前はパソコンでした。一時期スマホでやってみたこともあります。

そして結局、今の手書きスタイルに落ち着きました。

家計簿をつけるなら、自分に合ったつけ方を探すことが一番です。続かないと意味ないですから。

クロヤギ
クロヤギ
人それぞれ、向き不向きがあるよな

今回は、私が実際にいろんな家計簿を使ってみて感じた、それぞれの家計簿のメリット・デメリットをまとめました。

パソコンのメリット・デメリット

私は元々働き出したときに、エクセルで計算式を自力で組んで家計簿をつけていました。

もちろん、ダウンロードして使ったりするものもあったんですけど、なんだか合わず。

私が実際にパソコンで家計簿をつけてみて感じたのがこちら。

パソコンのメリット

  • 画面が大きい
  • つまり全体が見やすい
  • 数値を入力すれば、後は自動で計算してくれる
  • 統計を取ったり、データを自分でいじりやすい

パソコンのデメリット

  • いちいちパソコンを開かないといけない

私は一画面で、ひと月の収支をすべて見ることができないといやなタイプなので、パソコンは画面がそれなりに大きくてよかったと思っています。
計算も自動だし、楽ちんでした。

こちらの記事で書いたどんぶり勘定家計簿は、パソコンでつけていました。

家計簿めんどくさい!続かない!という人におすすめ!超キッチリしたどんぶり勘定家計簿家計簿をつけるのって面倒で、なかなか続かなくないですか? 家庭の収支を把握するには家計簿つけたほうがいいことは分かってる。でも・・・と...

家計簿のパソコンソフトを使えば、自力でエクセルなどを組まなくても楽に操作できます。

スマホのメリット・デメリット

今やみんな持ってますよね、スマホ。

常に持ってるから、これで家計簿つけると楽なんじゃないか?と思ってやってみた感想。

スマホのメリット

  • いつでもどこでも入力できる
  • 数値を入力すれば、後は自動で計算してくれる

スマホのデメリット

  • 一つのページで全体を見渡せない
  • いろんなページを行ったり来たりしないといけないので、前のページに何が書いてあったか忘れがち

スマホは、このデメリットが私にはかなり響きました。

1ページですべてを確認できない!

ページを行ったり来たりしなければ家計簿の内容を考察できないのについて行けなくて、一ヶ月も続かず終わりました。

でもやっぱり、常に持っているもので家計簿をつけられれば、いつでもどこでも入力できるし、今はアプリもいろんな種類がありますから、片っ端からやってみて自分に合うものを探すのも良いと思います。

家計簿 簡単お小遣い帳 - 人気の家計簿アプリ

家計簿 簡単お小遣い帳 – 人気の家計簿アプリ

RAN CHEN無料posted withアプリーチ

 

手書きのメリットデメリット

最後、手書きについてです。

私は子供が生まれてから、手書きに変えました

手書きのメリット

  • 家計簿さえあればいつでも書き込める
  • 子供がいて、パソコンやスマホをなかなか見ることができない人でも、ちゃちゃっと書ける

手書きのデメリット

  • 計算は自分で電卓をたたく必要がある
  • 家計簿を毎年購入する必要あり

産後、いちいちパソコンの前に座る気になれなかったんですよね。

レシートは溜まる一方で、あんまり溜まりすぎると、もうつける気をなくして放置の悪循環。

しかも子供がちょっと大きくなってくると、子供が起きている間にやろうとすると横から妨害が入って、変な数値が入力されたり、いるものが消されたり・・・

それで結局手書きに収まりました

今使っている家計簿はこれです。

 

もうちょっと子供が大きくなったらパソコンとかにもう一回チャレンジしたいです。

シロヤギ
シロヤギ
 計算は自動の方が、計算間違いすることなくていいよね

まとめ:自分に合う家計簿を見つけるのが一番いい

いろいろやってみて結局は、そのときの自分の置かれた状況に合う手法を使うのが良いと思います。

私みたいに、子供が生まれて生活環境が変わったら、今までとは違う手法の方がよくなった、なんてことはありがちです。

自分に合う方法を見極めて、一緒に家計管理がんばりましょう!

初めて家計簿をつけるなら手書きがオススメ!私が手書きの家計簿を使っている理由私は手書きの家計簿を使っています。 他のやり方もいろいろ試して感じたことは▼こちらの記事に書いていますので、興味を持たれた方は是非...
年収600万円台子持ち専業主婦世帯の2018年貯金額と、2019年の貯金目標2019年が始まって少し経ちましたが、ようやく2018年分の家計簿を〆(しめ)たので、2018年の貯金額を公開したいと思います! ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です