年収600万円台家庭の家計

子供が幼児ならでは!4人家族、ディズニーシー&ミラコスタ1泊2日旅行でかかった金額は?

東京ディズニーシーに行くなら、ミラコスタに泊まってみたい!

と思ったことはありませんか?

クロヤギ
クロヤギ
でも、ミラコスタって高くない?
シロヤギ
シロヤギ
ちょっと高めだけど、行くなら絶対子供が幼児の間だよ!

今回は、子供が幼児の4人家族が、ディズニーシー&ミラコスタ1泊2日でかかった金額を大公開!ついでに、ミラコスタに泊まるなら、何故子供が幼児の間がお得なのかについても説明します。

今後ディズニー旅行を検討しているお父さん・お母さんは、是非参考にしてくださいね!

▼こちらからディズニー旅行のプランをチェックできます。

ディズニーシー&ミラコスタ旅行でかかった金額の前提条件

今回かかった費用の前提条件は以下の通りです。

  • 宿泊先:東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
  • 日数:1泊
  • 家族構成:大人2人+3歳+0歳(当時)
  • 交通費は除く

今回の旅行費用からは、交通費を除外しています。

シロヤギ
シロヤギ
交通費は人によって違いすぎるから、あまり参考にならないかなと思って

ホテルは交通費込みのツアーではなく、公式サイトで宿泊のみ取っているので、旅行費用の総合計は、「以下に書く費用+交通費」になります。

ディズニーシー&ミラコスタ旅行でかかった旅行費用

かかった費用の総額は、97,800円でした!

何にいくらかかったのか?その内訳を公開します。

旅行費用の内訳

ホテル代(1泊)42,700
チケット代(シーのみ2日分)22,400
ベビーカーレンタル2,000
食事代20,000
お土産代10,700
合計(円)97,800
クロヤギ
クロヤギ
交通費を除いて10万円以内で収まったな

我が家の旅行費用事情はこちらの記事に書いています。

年収600万円台4人家族の旅行費事情節約を毎日頑張っていても、たまにはパーッと使いたい!と思いませんか? 普段はちまちま節約を心がけている我が家ですが、ひとつ...

朝食はホテルのビュッフェ形式のレストラン、オチェーアノで食べています。

この金額で収まるのは、子供が幼児ならではで、もう少し大きくなってしまうと、絶対この金額ではディズニーシー&ミラコスタを満喫できません!

4人家族でこの金額で押さえられた理由は、

  • まだ子供が幼稚園に入っていないので、安い日を選んで行けた
  • 子供分のホテル代不要
  • 子供分のチケット代不要
  • ビュッフェは子供分の食事代不要

といった点ですね。

ベビーカー代はかかりましたが、4歳以降はチケット代がかかることを考えると、安いもんです。

子供の幼児期にミラコスタに泊まるおすすめポイント

家族でミラコスタに泊まってみたいなら、子供が幼児の間がおすすめです!

理由は、

  • 子供分のホテル代が不要。
  • ツインの部屋はベッドの下に背の低いベッドがついているので、実質ベッド3台。低いベッドなら子供がベッドから落ちても大丈夫。
  • 部屋の中にちょいちょいミッキーがいるので、子供が盛り上がる。
  • 開園15分前に中に入れるので、人の波にのまれる前にベビーカーが借りられる。
  • ディズニーシーからホテルへの移動がとにかく楽。

子供が大きくなってしまうと、ホテル代がかかってくるので、今回公開したような金額では泊まれません!

4人もいるのにこの金額で泊まれたのは、子供にホテル代がからないからです。

とはいえ、周辺のディズニーホテル以外のホテルに比べれば、ホテル代は高いです。

それでも「15分前に入れるので並ばなくてもいい」「移動が楽!」という、機敏に移動できない子連れにはうれしい特典付きなので、多少高くても、疲れが少なく楽しむことができます。

まとめ:子供が幼児期に行けば、ディズニーシー&ミラコスタにかかる費用が安く済む

子供が大きくなってから行くよりも、幼児期に行く方が大人は体力がいります。

その分、楽できるホテルに安く泊まることができるので、ディズニーシー&ミラコスタに泊まりたいなら、幼児期に行っておきましょう!

旅行サイトでディズニー旅行をチェック


▼ディズニーホテル3つに泊まり比べた結果▼
子連れでディズニーホテル泊まり比べ!ミラコスタ、アンバサダー、ディズニーランドホテルどれがいい?

▼年収600万円台家庭の旅費事情▼
年収600万円台4人家族の旅行費事情

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です