貯金

世帯主の年齢別貯蓄額の平均は?うちの家庭は平均ぐらいありそう?

以前「勤労者世帯の世帯年収別貯蓄額の平均は?みんないくら貯めている?」という記事で、世帯年収別の貯蓄額をまとめました。

そのときに、我が家の貯金は年収からすると、平均よりも多いことが判明しました。

そこで気になったのが、「年齢から見たらどうなのか?」ということ。

シロヤギ
シロヤギ
年齢の平均からすると、全く貯められてない可能性もあるよね!

今回も総務省統計局の家計調査(貯蓄・負債編)調査結果(2017年)のデータを引用して、二人以上の世帯のうち勤労者世帯の年齢別の貯蓄額の平均値をまとめました!

>>世帯年収別貯蓄額の平均はこちら

>>共働き世帯と専業主婦世帯の貯蓄額の平均はこちら

勤労者世帯の年齢別平均貯蓄額

年齢年間収入貯蓄平均額
~29歳513万円401万円
30~39歳609万円634万円
40~49歳765万円1,074万円
50~59歳855万円1,641万円
60~69歳626万円2,117万円
70歳以上580万円2,106万円
クロヤギ
クロヤギ
うちは30代だから、634万円が平均の貯金額だな
シロヤギ
シロヤギ
60代以上の貯金額がすごい!

この表を見ると、年齢が上がるごとに年収が増え、貯金も増える傾向にあるのが分かりますね。

60~70代は貯金が多いですが、この世代はバブル経験世代ですよね。

不況しか知らない今の20~30代が、60~70代になったときに、ここまで貯金を持っていられるかはわからないと思います。

まとめ:勤労者世帯は年齢とともに年収も貯蓄額も増える!

今回は、勤労者世帯の年齢別に平均の貯蓄額をまとめました。

今回のデータでは、60代になるまでは、年齢が上がるとともに年収が増え、貯金も増えている事が分かりました。

みなさん自身の年代の平均貯金額を貯められていますか?

勤労者世帯の年収別平均貯蓄額や、共働き世帯と専業主婦世帯の貯金額比較もまとめていますので、良かったらどうぞ。

勤労者世帯の世帯年収別貯蓄額の平均は?みんないくら貯めている?みなさんの世帯年収と貯蓄額はいくらぐらいですか? 自分と同じぐらいの属性の人が、どれぐらい貯金しているのか知りたくありませんか? ...
共働き世帯と専業主婦世帯、平均貯蓄額が多いのはどっちだ!?最近世間では共働きが多くなっているみたいですが。 専業主婦世帯もまだまだ多いですよね。 共働きは収入も多いけど、出て...

今後の家計や貯金額の目安の参考にしてみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です