貯金

勤労者世帯の世帯年収別貯蓄額の平均は?みんないくら貯めている?

みなさんの世帯年収と貯蓄額はいくらぐらいですか?

自分と同じぐらいの属性の人が、どれぐらい貯金しているのか知りたくありませんか?

シロヤギ
シロヤギ
私は気になるよ!
クロヤギ
クロヤギ
でもそんなこと、リアルな知り合いに聞けないよな

というわけで、みんな一体どれぐらい貯めているのか調査しました!

データは総務省統計局の家計調査(貯蓄・負債編)調査結果(2017年)から引っ張ってきています。

我が家は働いている世帯なので、うちと同じぐらいの属性の人により近い方々のデータを知るために、勤労者世帯の貯蓄額をまとめました!

>>世帯主の年齢別貯蓄額の平均はこちら

>>共働き世帯と専業主婦世帯の貯蓄額の平均はこちら

勤労者世帯の貯蓄額平均は1327万円

二人以上の世帯の中で、勤労者世帯は50.9%を占めています。

まずは、その勤労者世帯の貯蓄の平均額を見てみましょう。

平均貯蓄額中央値
二人以上の世帯1812万円1074万円
-そのうち勤労者世帯1327万円792万円
シロヤギ
シロヤギ
結構みんな貯めてるんだね!
クロヤギ
クロヤギ
中央値って何だ?

貯蓄保有世帯の中央値とは,貯蓄「0」世帯を除いた世帯を貯蓄現在高の低い方から順番に並べたときに、ちょうど中央に位置する世帯の貯蓄現在高をいう。

引用ー家計調査報告(貯蓄・負債編)平成29年(2017年)平均結果

平均値は、ものすごーくお金持ちで稼いでいる人や元々家にお金がたくさんある世帯が、金額を押し上げているため、中央値の方がより実状に近い数値になります。

勤労者世帯の年収別平均貯蓄額

では、勤労者世帯の年収別貯蓄額の平均はいくらなのか表にまとめましたのでご覧ください。

年収貯蓄平均額
~200万円未満397万円
200~250万円843万円
250~300万円587万円
300~350万円839万円
350~400万円786万円
400~450万円878万円
450~500万円901万円
500~550万円908万円
550~600万円1,171万円
600~650万円1,120万円
650~700万円1,055万円
700~750万円1,172万円
750~800万円1,489万円
800~900万円1,548万円
900~1,000万円1,820万円
1,000~1,250万円1,976万円
1,250~1,500万円2,316万円
1,500万円以上3,048万円

 

どうでしょうか。

あなたのご家庭はこのくらい貯められていますか?

中央値のデータは見つけられなかったので、平均値を記載しています。

まあでも年収ごとに分かれた値なので、中央値とそこまで差異はないのではないかと思われます。

クロヤギ
クロヤギ
うちは年収660万ぐらいだから、貯金額の平均は1,055万円か
シロヤギ
シロヤギ
平均よりは貯金があるけど、倍まではないね

収入に合わせて貯金は増えていくような傾向が読み取れますね。

まとめ:年収に合わせて貯蓄額は増える、結構みんな貯金している!

いかがだったでしょうか。

私の感想としては、思っていたよりも皆さん、たくさん貯金しているんだなあという印象でした。

シロヤギ
シロヤギ
やっぱり貯金ゼロでは、なんとなく将来不安だもんね・・・

今回まとめたデータが、皆さんの家計や貯金額を見直すきっかけになればうれしいです!

ちなみに、▼こちらの記事に負債額の平均について書いています。

勤労者世帯の「負債額」っていくらぐらいなの?みなさんの保有している「負債額」はいくらぐらいですか? 我が家は家を購入するときに、住宅ローンを組むことは避けて通...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です